海外旅行で失敗

Posted by adminz on under 自分探しあるある | Comments are off for this article

自分の弱さや欠点ばかりが見つかる

自分自身がわからなくなってしまい、自分探しの旅に出ると言う話はよく耳にします。
確かに自分探しの旅に出て自分のやりたいことをしっかりと見つけてくる人などもいますが、比較的自分探しの旅に出ても失敗してしまう人の方が多い傾向にあります。
特に日本国内ではなく海外旅行に出かけると、失敗続きになってしまうことが多く、自分探しの旅で海外に足を運んだにもかかわらず、自分の欠点や劣等感などを感じて帰国することになったという経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

言語力に長けていて、海外での会話にも来られないという人であれば海外で様々なプロジェクトを手がけている人々との会話を繰り広げたり自分が気になっていることを積極的に聴きながら自分自身を成長させるためのヒントを見つけることができますが、さほど言語力が身についていない状態で、単純に海外へと足を運んでしまうと、まずは言葉の壁に押しつぶされそうになってしまうことがほとんどです。

ホテルに宿泊していてちょっとしたお願い事をしたい時にも上手に言葉が伝わらず困ってしまうこともあり、このような場面でやっぱり自分には何の取り柄もないと思ったり、誰か助けてくれる人がいなければ、何一つ自分で行動を起こすことができないとネガティブになってしまうことや困る事ばかりで不安に押しつぶされそうになり涙が流れ出してきてしまうなどということもあります。
こうなると日本が恋しくなってしまい、宿泊する予定でいた日数よりも早く帰国して、何のために海外旅行に出かけたのか全くわからなかったなんていうことにもなりかねません。

自分を探すために海外旅行に出かけるのではなく、あくまでも観光目的で出かけたほうが楽しみや目的を見つけることができるでしょう。
また感動などを覚えることで自分自身の気持ちもポジティブに切り替わることがあります。
自分を探そうと思って海外に出かけても、出かける前の段階である程度の目標などが決まっていなければ結局は自分探しをすることにはつながりません。

孤立感が大きくなり自信を失うこともある

海外旅行に出かけて誰1人自分と顔見知りの人がいない環境の中で数日間を過ごすのは本当にストレスを緩和させることができるという人もいますが、1人で海外に出かけても様々な不安に押しつぶされてしまい帰国してから、やっぱり海外旅行に出かけるよりもいつもと同じような環境の中に来ることが1番安心できると、これだけで満足してしまう人もたくさんいます。

そうなると何のために海外に出かけたのかといった目的そのものがうやむやになってしまい、自分探しの旅ということをすっかり忘れて出かける前とさほど変わらない自分の周りの環境に満足してしまうことになるため、あえて海外に足を運ばなくても自分が今いる状況の中で自分と見つめ合ってみることこそが、自分探しにつながるのではないでしょうか。

Comments are closed.