自分探しの旅で海外に行くのは意味が無い?

Posted by adminzunder 自分探しあるある | Comments are off for this article

きっかけを間違えないこと

自分が憧れている国に海外旅行に出かける人の場合には、単純に行ってみたいから行くという気持ちで出かけていきますが、その結果自分の中で目標を持つことができたり興味を持ったことに対して熱心に取り組み、最終的に仕事につなげることができた人というのは、ここで観光目的で出かけた海外旅行が自分探しの旅に置き換わることもあります。
こうした経験を持つ人の話を聞いていると自分自身の中でも自分探しのために海外旅行に出かけてみようと思ったりすることもありますが、きっかけそのものわ、間違えていると何度海外に出かけても自分探しの旅にはなりません。

たくさんの旅費と時間を掛けて海外旅行に出かけても自分探しにはつながらず、結局は無駄な時間を過ごしてしまうことになるので注意が必要です。
前述の通りたまたま出かけた海外で興味を持つものを見つけることができたり、自分の中でこれにチャレンジしてみようと思えることがあれば結果的には自分探しができたことになりますが、こうした発展が何もなければ、単純に海外旅行に出かけるだけとなってしまい、自分探しにつながらないことは明白です。

わざわざ自分を探すために海外旅行に出かけなくても自分探しをすることは十分可能なことであり、なぜわざわざ海外に出かけなければならないのかといった部分で周囲から疑問符を抱かれてしまうようなこともあります。
自分探しをしようと思っていても海外に出かければ言葉が通じない煩わしさや、その他にも日本では経験することないトラブルに巻き込まれてしまい泣きたくなるような思いをして帰国するなんていう人もいます。

また、自分探しの旅に出るために海外だけではなく国内で旅行する人もいるようですが、ここでもやはり同じようにあらかじめ目標などが決まっていなければ、最終的には自分探しにはつながりません。

自分を見つめて目標が出来たら旅に出る

旅先で様々な人と話をすることで自分とは全く違う考え方を持っている人がたくさんいることなどに気がつくと自分の中での視野が広がっていきますが、こうした部分に初めから期待をするのではなく、まずは自分の中である程度の目標を決めると良いでしょう。
そのためには自分を見つめ直しどんなことを達成したいのかについて考えなければなりません。

海外に出かけて何をしたいのかをしっかり決めた上で出かけなければ、ただ漠然とフラフラする旅行になってしまい自分探しはおろか、思うように素敵な観光スポットにも足を運ぶことなくだらだらとしたす時間を過ごして帰国することになってしまいます。
例えば海外に出掛けて海外の家はどのような建築方法で作られているかを詳しく知り、そういった建築方法をヒントに自分の仕事に役立てたり、コミニケーションの取り方としてどのような表情で話しをすればうまく言葉が通じなくても相手が理解しようとしてくれるのかなどについても学びたいと思いながら海外に出かける場合と、行き当たりばったりで何とかなるだろうと思いながら出かける海外旅行では最終的に自分探しができるかどうかに大きな違いがあります。

結果的に海外旅行に出かけても、自分という存在が海外に転がっているわけではないということを知りましょう。