マイナスをプラス思考に変えてみる

Posted by creator on under 人生の転機 | Comments are off for this article

自分探しをするタイミングはいろいろですが、時には自分の意志とは関係なく突然に自分探しのきっかけに遭遇してしまうこともあります。
特に女性にとって人生のターニングポイントともなるのが、妊娠と出産という一人の人間をこの世に送り出すという大きな出来事です。

結婚をするかしないかという選択ももちろん大きなものではありますが、それは女性にとっては「出産をするかしないか」ということが要素として大きなものになっています。
結婚をしても子供を持たないという選択をする人ももちろんいてもよいですが、やはりほとんどのカップルは結婚して二人で新しい家庭を持つなら子供を持つということを希望するのではないかと思います。

しかし男性にとっては楽しみな出産も、女性にとっては大きな不安がつきまとうものです。
なんだかんだ言っても生まれた子供について大きな責任が覆いかぶさってくるのは女性の方ですし、出産後数年は子育てのために自分の生活習慣や行動範囲をかなり限定的なものにしなくてはならなくなります。

出産間近まではバリバリ仕事をこなしていたというような女性も、子供を産んだからには残業や無理な徹夜作業をすることができなくなります。
そのため、それまで必死に築いてきたキャリアが中断され、まるで世の中から取り残されてしまったかのように感じることもあります。

産休明けて会社に行ってみたら、年下の男性が自分の上司になっていたり、仕事のやりかたもすっかり別のものになっていたというようなこともあるでしょう。

そんな浦島太郎状態になった女性の多くは「何のためにこれまで頑張ってきたんだろう」「本当に出産をしてよかったんだろうか」といったようなライフスタイルについて深く悩みを持つことになります。

妊娠と出産という大きな仕事をしたのに、世間的な評価は上がるどころか下がったように感じてしまったり、家族のことを何よりも優先させなければならないことに大きな不満が募ってしまったりというようなこともあります。

ですがそんなマイナス思考も考え方によってはプラス方向に持って行くこともできます。
そうして自分の生き方やこの先のライフスタイルについて深く悩む機会を持てたということ自体が、とても貴重な経験になるからです。

出産前と全く同じではなく、新しい働き方を見つけることで新しい自分の才能を発見することができることもあります。
結婚後のキャリアはどうあるべきか、一度自分の理想を深く考えてみてください。

Comments are closed.