失恋をバネに新しい自分を発見

Posted by admina on under 自分を探し始めるタイミング | Comments are off for this article

自分探しをしたいと本気で考えるきっかけがあります。
失恋は男性にとっても女性にとっても大きな心の傷となってしまうもので、それを機にものの考え方や性格が大きく変わってしまったということもとてもよくあります。
恋愛は今も昔も人として生きていくとき、誰もが必ず一度は経験するものであり、そのときの「好き」の気持ちが強ければ強いものであるほど、失った時の痛みは激しいものとなります。
自分の望まぬ形で失恋をしてしまったときなどは、かなり気持ちが落ち込んでしまいしばらくは仕事や勉強など日常の生活に気持ちを戻すことがなかなかできません。
ですがそのような深い悲しみを経験するからこそ、見えてくる大きなものもあるのです。

失恋をしたときの反応は人それぞれですが、だいたいいくつかのタイプに分けることができるようです。
まず、「これをバネにもっと素敵な恋ができるようになろう」とする前向きなタイプです。
自分をふるような相手はきっと自分の良さをわからない人だったのだと割り切り、いつか再会したときに後悔をさせてやるためにより自分磨きを一生懸命にするようになります。
学生時代にわかれた相手と数年後に同級会で再会をしたとき、素敵な存在になっていたとしたらそれはちょっとした仕返しにもなります。
見返してやる!という気持ちは復讐的ですが、悲しさを新しい自分への肥料とするならこのような考え方もよいのではないでしょうか。

次に、「あれはなかったことにして忘れてしまおう」という逃げタイプです。
付き合っていたときからなんとなくよくないな、合わないなと感じていた人でも、実際に付き合いが切れてしまうとなると大きなショックを受けてしまいます。
いなくなってしまって初めて相手の大切さを知って、悲しさや後悔を感じてしまうこともあるでしょう。
そんなときには、過去は過去として忘れて、全く違う分野で出会いを求めてみるというのがよい忘れ方になります。
ただし、忘れようとしすぎるあまり、それほど好きでもない人とやけになって付き合ったり、無理をして仕事に打ち込み過ぎるといったことも時々あるので、自分の気持ちに根本的に嘘をついていないかということは自分に問いながらやっていく方がよいでしょう。

失恋は新しい自分を見つける大きなカギです。
せっかくのきっかけを逃すことなく、自分なりの未来や将来がよりよい方向に向かっていけるように、できれば積極的にいかしていってもらいたいと思います。

Comments are closed.