自己分析

Posted by adminz on under やりたいことを見つける | Comments are off for this article

自己分析から人生を変える

自分のやりたいと思っている仕事と実際にできる仕事というのは案外違っているものです。
出来る仕事を行っていても自分の中では最初からできることや、少々の努力で新しいジャンルにも挑戦することができるため、自分のやりたい仕事だと思うことはできず、満足度が低かったり常に転職を考えていたりする人もいます。

自己分析をしっかり行うことによって、本当に自分がやりたい仕事や自分に向いている仕事が見つかってくれるため、ライフスタイルにはとても大きな影響を与えます。
まず仕事を選ぶ際には誰しもが自分のやりたい仕事として好きなジャンルなのか、趣味が絡んでいるのか、それとも手先が器用など、特技を生かしたいと思うのかに分かれてきます。
しかし実際には仕事において役立てることができるのは好きという気持ちや興味を持っている趣味ではなく自分の中で自信が持てる特技だけです。

この特技を生かしながら、徐々に仕事に役立てるためには惑星時として気をつけなければならないポイントがあります。
自分の特技をしっかりと活かしていくためには、この仕事そのものが天職だと思えるような仕事を見つけなければならないのですが、ライフスタイルによって、まずは生活費を稼ぐことが優先になってしまい自分の生活で精一杯になってしまうと、特技を生かす仕事よりスピーディに稼げる仕事が優先となってしまいます。

また興味本位から同じようなジャンルの仕事を探してみても、やっぱり違っていたと不満に感じてしまい短期間で転職を繰り返してしまうような結果にもなりかねません。
やはり天職として仕事を見つけることや特技そのものをさらにスキルアップしていくための環境が整った職場を選んでいくことがとても重要になります。
ここで自己分析を行い、自分の特技や趣味だけを把握するのではなく、さらに自分の性格を長所と短所に分けて考えてみましょう。

短所をカバーできる仕事を選ぶ

上記のように手先が器用なことが自分の特技だと思っているのであれば、細かな作業を行う仕事を見つけるのも転職としてはある意味正しいと言えます。
しかし、性格そのものが飽きっぽい場合には、同じような作業を繰り返す仕事では満足できないので毎日仕事をしていく中でストレスを感じてしまうことになります。

そこでこうした自分の性格の上での短所をカバーすることができる職場選びをしていくことにより、本当に働きやすいと思える職場やこの先ずっと働き続けたいと思える職場探しができます。
手先の器用さを生かす職場の中でも同じことばかりを繰り返すのではなく、作る物そのものが違っていたり自分自身ものづくりをするのではなく、ものづくりそのものを誰かに教えていくという仕事であれば、そこでの様々なコミュニケーションが生まれるため、同じ作業を黙々と続けるのではなく様々な発見があり、飽きてしまうこともないでしょう。

このように自己分析を上手に取り入れながらやりたいこと、そして自分の中の特技さらには自分の短所をカバーできることを中心に職場選びや今後のライフスタイルを考えてみると今までとは全く違った世界感が広がってきます。

Comments are closed.